2005年05月07日

ピアノリサイタル

今日は地元の姫路市文化センターへ「遠藤郁子ピアノリサイタル」を聴きに行ってきました。クラッシックに興味があったわけではなく、嫁の伯父さんにチケットをいただいたからです。(^_^;
どんなモノか興味もあったし。

今回の奏者である遠藤郁子さんという方のプロフィールを見てみると「サリン被害に遭った人びとや、重度障害者や、生きる望みを絶たれた人びとに、生きる力をもたらしたことから「奇跡のピアニスト」「癒しのピアニスト」と呼ばれるようになり、ハンディキャップを背負った人びとへの支援にも、社会的活動としての日々を送っている」との事。
実際に聴いてみて、演奏はすばらしいと思いました(知っている曲でしか判断していませんが(^^ゞ)。
特にショパンの「革命」は曲を知っている事もあり、大変感動しました。
けれど一番感動したのは、アンコールの最後の曲(聴いた事はあるけれど題名がわからない・・(^_^;)でした。

このようなピアノリサイタルに行く機会はなかったので、今日は行くことができてホントよかった。

posted by 憩 at 23:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3516456

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。